2014年12月31日

大滝詠一 / ナイアガラ・ムーン (1975)

EiichiOhtaki_NiagaraMoon_200.jpg

72年の1stソロから3年。はっぴいえんど解散、自身主宰レーベルの始動、シュガー・ベイブとの邂逅、サイダーCMへの参画など、本作が世に出る土壌と舞台が少しずつ蓄積されての一代音楽絵巻。ここにあるのは、言葉遊び、ユーモア、ナンセンス、毒気、米国ポップスへの憧憬など、尻込みしてしまうほど詰め込まれた知的音楽イズム。多彩なゲストも揃えた緻密な音像の中で際立つのは、細野晴臣、林立夫、鈴木茂、佐藤博という、キャラメル・ママとハックルバックの混成布陣による強力な屋台骨。「ロックン・ロール・マーチ」などニューオーリンズテイストも注がれたリズムのマジックには、平熱を装いながらも込み上げる高揚の居座りがある。生ピアノで占められた鍵盤音色の中、佐藤博が唯一エレピで迫る「シャックリ・ママさん」では、同年世に出る鈴木茂『バンド・ワゴン』にも通じる疾走感あふれる軽妙なファンクネスにウーリッツァーのゆらめきがアクセントとなってやわらかく佇んでいる。アルバム生誕から40年。後追い世代の僕らに永遠の謎解きを課した“ナイアガラ”の歴史に通低する、想像力を掻き立てる音楽力を、フィジカルなバンドサウンドとともに結実させた潔さが実にうれしい。輝く月に照らされたシルエットはずっと揺れ続いている。


posted by ウエヤマ at 00:50| Comment(0) | エレピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。