2015年09月16日

弘田三枝子 / Step Across (1978)

MiekoHirota_StepAcross_200.jpg

リチャード・デイヴィスが指揮をとるCBS移籍後初の一枚。オーソドックスなスタイルのジャズを聴かせる前半のムーディな艶やかさもさることながら、後半リズミカルに軽妙なグルーヴを聴かせるジャズファンクの晴れやかさときたら。細かなリズムをタイトに刻むビリー・コブハムのドラミングや、ジョー・ファレルと日野皓正の管楽器隊も、安定と奔放を行き来する主役の歌声を後押しする見事な仕事ぶりで、そこにやわらかな彩りを添えるのがスタンリー・カウエルのエレピ。ガーシュインの「A Foggy Day」で全編流れる浮遊感たっぷりのカウエルのエレピは、リズムを積み重ね大きな鼓動を描くコブハムの多彩なドラムさばきと相まって霧の晴れた楽園的視界を開いていく。両手を拡げたアルバムジャケットのイメージにも重なる、宙を舞う翼を携えた躍動が実に素晴らしい。


posted by ウエヤマ at 00:44| Comment(0) | エレピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。